HOME>Utility>長期滞在で役立つマンスリーマンション【早めの物件探しが大切】

物件の契約期間をチェック

マンスリーマンションは、長期滞在の際に便利ですよね。工夫次第でお得に利用できるのも魅力です。そこで、もし京都マンスリーマンションを借りようと思ったら、まずは契約期間の確認が大切です。契約によっては、家賃は月単位でというところもありますし、一日分の使用料×日数計算のところもあります。

ウィークリーマンションとマンスリーマンションの違い

ウィークリーマンションはホテル業に近い

借り手にはよく分からないかもしれませんが、運営側としては、ウィークリーの場合、旅館業としての認可が必要で、旅館業法にのっとった運営をしています。

マンスリーマンションは賃貸契約

マンスリーの場合は、旅館業法ではなく、賃貸の契約が必要となります。その為、入居審査が必要となり、場合によっては、保証人が必要になることもあります。

長期滞在で役立つマンスリーマンション【早めの物件探しが大切】

住宅模型

早めの予約が大切になる

長期連休などのシーズンによっては、なかなか予約が取れないといったこともあります。特に、最新設備が整っている場合や、駅からのアクセスが便利なものは埋まりやすいです。利用期間が決まったら、不動産会社に確認して、早く予約することが人気物件を押さえる秘訣となります。

マンスリーマンションを利用するなら知っておきたいお得な利用術

集合住宅

手数料無料などのキャンペーンを利用

競合他社との競争に勝つべく、例えば、契約手数料無料や、モバイルWi-Fi半額等様々なキャンペーンを打っていることがあります。

インターネット費用込みでお得

水道光熱費などのライフラインは利用可能の場合が多いですが、場合によっては、インターネット回線も料金に含まれているところもあります。

交渉によっては値下げも可能

マンスリーマンションによっては、値下げ交渉に応じてくれるところもあります。特に長期利用などの場合は、担当者も値引きしやすくなるので、交渉の余地ありです。

料金計算方法を確認する

料金の計算方法が、一ヶ月単位の物件と、一日当たりの利用料金×日数で決まる物件があります。特に2月などの日数が少ない月の場合は、後者の方が安く上がります。

クレジットが利用できるマンションでお得

家賃の支払い方法でクレジット払いが選択できる物件もあります。クレジット経由なら、ポイントが貯まってお得に利用できることも。

広告募集中